romanのWordPress工房

WordPressを使って気付いたことを伝えるブログ

自動ツイートプラグイン

「All in One SEO Pack」でWordPressとTwitterを連携する方法

今回は「All in One SEO Pack」を使って、WordPressとTwitterを連携させて書いた記事をTwitterへ投稿する方法をご紹介します。

《こんな人へ》
・WordPressで書き終わった後に、簡単にTwitterにも流したい人

【目次】

    • アプリのインストール
    • Twitterのプロフィールにサイトを登録
    • Twitterカードの入手(Twitterに自分のブログを登録)
    • All One SEO Pacの設定
    • まとめ


【アプリのインストール】

WordPressの「プラグイン」→「新規追加」→「All in One SEO Pack」で検索。

(↓検索後の画面)

↓この「今すぐインストール」をクリック→「有効化」

「有効化」が完了したら↓のような画面に自動的に移動します。

移動したらWordPressの左側に「All in One SEO」が出現しているので「機能管理」をクリックして先に進みます。(下の画像を参照)

先に進むと「ソーシャルメディア」というものがあるので、「Activate」(青色のボタン)をクリック。

ここまでがうまく出来たら「記事編集画面」の下の方に「All in One SEO Pack」が出現します。(↓下の画像を参照)


【Twitterのプロフィールにサイトを登録】

次にTwitterで設定を行います。

まず、自身のTwitterへ移動します。

そこで、「プロフィール」へ移動します。

「プロフィール」へ移動したら「プロフィール編集」をクリック。

↓この部分の「ホームページ」へ自分のブログのURLを入れます(入れ終わったら「変更を保存」をクリックして終了です)。


【Twitterカードの入手(Twitterに自分のブログを登録)】

WordPressで書いた記事をTwitterへそのままツイートするには、Twitterに自分のブログを登録する必要があります。

※この登録方法は、Twitterの自身のプロフィールから登録する方法とは異なりますので、ご注意ください。

この登録は「Twitterカード」と呼ばれるものを作成するためのものです。

(ここにアクセスしてブログを登録してください)→ Card validator

↓クリック後のページ

入力部分(「Enter the URL of the page with the meta tags to validate」)に自分のブログのURLを入力。

入力後に「Preview card」をクリック。

下の画面は入力後の画面です。↓


【All in One SEO Packの設定】

「All in One SEO Pack」をインストールが完了しているので、記事編集画面の下の方に「All in One SEO Pack」が出現していると思います。

「メイン設定」から「ソーシャル設定」に切り替えてください。

(↓切り替え後の画面)

ここでは設定しなければならない部分が3つあります。

・タイトル

・説明

・画像

WordPressでの設定はこれで終了です。


【まとめ】

今回は「WordPressとTwitterを連携させるプラグイン「All in one SEO Pack」」をご紹介してきました。

細々とした設定がありますが、設定しておくと便利なのでご活用いただければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です