romanのWordPress工房

WordPressを使って気付いたことを伝えるブログ

自動ツイートプラグイン

「Jetpack」を使ってWordPressの記事をTwitterへ投稿する方法

今回は「Jetpack」というWordPressのプラグインを使って、新しく書いた記事をTwitterへ自動投稿する方法を書いて行きます。

《こんな人へ》
・WrodPressで書いた記事をTwitterへ投稿する方法を探してる人
・Twitterへの自動投稿+セキュティ付きのプラグインを探している人

【目次】

    • プラグイン「Jetpack」のインストール
    • 「Jetpack」の設定
    • まとめ


【プラグイン「JetPack」のインストール】

WordPressの「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインの検索」で「JetPack」と入力

検索として下の画像のものが現れます。

これを「インストール」→「有効化」の順でクリックします。

「有効化」したら、WordPressの左の欄に「Jetpack」が現れます。

(↓「有効化」した後の画像)


【「Jetpack」の設定】

インストールが終わったら、WordPressとTwitterを連携させる設定を行います。

インストール後に出現した「Jetpack」をクリックすると、以下の画像のような項目が現れますので、「設定」をクリックします。

(↓「Jetpack」をクリックした後の画面)

「設定」に移動したら、WordPressとTwitterを連携させます。

上の欄に「執筆」「共有」「ディスカッション」「トラフィック」「セキュリティ」が表示されているので、「共有」をクリック。

その後、「パブリサイズの接続」「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」のボタンをオン(青色に変化)にすると「ソーシャルメディアアカウントを接続する」が出現するのでクリック。

※「ソーシャルメディアアカウントを接続」をクリックする際に、自身のTwitterアカウントにログインしておく事をおすすめします。

(↓「共有」に移動した後の画面の一部)

Twitterでは以下のアプリでWordpressとTwitterを連携します。

 

次にWordPressの「投稿」→「新規投稿」→「公開」に「パブリサイズ共有」が出現します。(下の画像を参照)

この「パブリサイズ共有」の「設定」をクリックすると、下の画面へ移動します。

「Twitter」の「連携」を選択します。

「WordPress.com」と連携を求められるので、連携をさせます。

(↓連携完了後の画面)

連携完了後、ボタンの設定を行います。

(このボタンは自動投稿と関係がありませんが、読んでくれたユーザーに記事をSNSへ共有してもらいやすくするボタンですので、この段階で設定を済ませておくとよいと思います。)

「共有ボタン」の「利用可能なサービス」から「Twitter」を選択し、「有効化済みのサービス」灰色の部分へドラッグ&ドロップで持っていきます。

(↓「Twitter」アイコンを移動させた後の画面)

移動させた後、「変更を保存」をクリック。

その後、投稿ページに戻り「パブリサイズ共有」の「編集」をクリックして、「カスタムメッセージ」の部分にツイートする内容(説明文&記事URL)を書いて終了です。

※Twitterでは1回に投稿できる文字数は140文字と決まっているので、「記事URL」は「短縮URL」を使うことをおすすめします。


【まとめ】

今回はWordPressのプラグイン「Jetpack」を使ったTwitterへの投稿設定をお伝えしてきました。

細々とした設定はありますが、1度完了してしまえばTwitterへの投稿が楽になるのでおすすめです。

「Jetpack」では、新規投稿のみになります。

毎度の設定を行うのであれば、もう1つの投稿設定ができる「All in One SEO Pack 」をおすすめします。

その設定の記事も書いておりますので、お好きな方をお選びください。

「All in One  SEO Pack」の説明記事

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です